本文へスキップ

ASIAN C0MMUNITY TAKASHIMADAIRA

                                                                                                      




介護福祉士資格取得支援講座


介護職の最上位資格である、介護福祉士を外国人女性が将来的に取得することを
目指した、「介護福祉士資格取得支援講座」を9月28日(土)より開始しました。
5名の定員に対し、10名の応募がありました。選考の上、5名のフィリピン出身の女性が
受講をしています。
福祉の専門家である、南野奈津子先生(昭和女子大学人間社会学部福祉社会学科
専任講師)に講師をお願いし、外国人が介護福祉士を取得できる道筋を考えています。
本講座は、特定非営利活動法人APFSとの連携で行われています。また、独立行政
法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業として実施されています。
和気藹々と、明るく楽しく学んでいます。
介護職員実務者研修への入学が決定した受講者もいます。
12月26日の講座終了後には、クリスマスパーティーも予定しています。
講座は3月まで続きます。今後の展開にご期待ください。

南野奈津子先生を中心に熱心に聞き入る受講生
 
バングラデシュ視察

昨年から始まった立教大学大学院のプロジェクト型授業は2年目を迎えました。
今年度も9月7日から11日まで9名の先生、大学院生でバングラデシュに行きま
した。とくに今年度は移民送り出しの最大地域であるビクランプールで帰還移民
の聞き取りを行ってきました。高島平ACTからも立教大学の兼任講師である吉成
が参加しました。
ダッカから車で1時間余りのところにあるビクランプールでは、待ち受けていた帰
還移民から大歓迎を受けました。ダッカでもインタビューが行われ、今回のプロジ
ェクト型授業が学生たちに大きな刺激を与えたことは間違いありません。

ビクランプールにて帰還移民とともに  9月8日にダッカで行われた記者会見

ECCジュニア英会話教室

ハロハロでおいしいお料理を作ってくれている高島平ACT副代表の服部美果
さんが地域の子どもたちを対象として4月からECC英会話教室を始めました。
現在、教室では大人が2名、子どもが7名受講しています。子どもたちには本
物の英語を耳で聞き取り体で覚えてもらおうというものです。10月30日には
ハロハロでハロウィンのパーティーを開いた後に「お菓子をくれなければ、いた
ずらしちゃうぞ」と商店街を回り、お菓子をもらっていました。サカエストア、黒田
水産、肉のタイヘイの皆様、ご協力ありがとうございました。


パーティーの後にみんなで集合写真  黒田水産さんの前は大勢の子どもたちで

認知症の方とその家族のためのハロハロ・オレンジサロン

いま、全国のいたるところで認知症カフェが設立されています。高齢化社会の進行と
認知症の方の増加を受けて地域でできることは地域でを合言葉に始まったものです。
高島平も住民の4割が高齢者となっており、認知症も他人ごとではありません。高島
平ACTは外国人住民の支援と多文化共生社会を築くことを目的としていますが、外
国人住民も含めて多様な方々に利用していただこうと認知症カフェ「ハロハロ・オレン
ジサロン」を10月1日から始めました。オレンジサロンは毎週木曜日の午後2時30分
から4時までです。1カ月に一度は専門家によるミニ講座か専門家相談会があります。
10月29日にはハロハロ・オレンジサロン」「の連携医でもあるやまと診療所の安井佑
先生から在宅医療についてのお話を伺いました。そのほか、毎回参加者に話題提供
をしていただき、和やかな雰囲気の中で「ハロハロ・オレンジサロン」は開かれています。
皆様のご参加をお待ちしております。詳細は、高島平ACTまで。

安井佑先生を講師に迎えミニ講座


ハロハロしゅわの会


高島平ACTで外国人住民に初級日本語を教えていた佐々木紀子先生が中心となって
手話の会を立ち上げました。聴覚障碍者の会話の手段である手話を健常者も含めて楽
しく学び、「しゅわべり」をしようというものです。毎週木曜日の10時30分から12時まで
たくさんの皆さんが参加し、しゅわべりをしています。お時間のある方は是非どうぞ。

しゅわべりで楽しく話が弾みます

ハロハロ三丁目ランチ倶楽部

高島平でも高齢者の独り暮らしが増えています。たまにはみんなで楽しくお話
をしながら食事をしたい、という要望が多く寄せられていました。そこで3月から
高島平おとしより相談センターと連携をして三丁目ランチ倶楽部を始めました。
最初は、何をすればよいのか戸惑いましたが、参加された皆さんが自主的に得
意な趣味を生かして音楽や踊りを披露してくれました。司会も団地の尾根田さん
が毎回名調子で務めてくれます。
ランチの前には認知症予防体操やミニ講座、ランチ後には団地に住む宮武さん
のウクレレを伴奏にみんなで合唱です。最後は、今年93歳になる岩間さんと高
島平ACTの美優さん、美果ちゃんが一緒にハワイアンダンスを踊ります。また高
島平ACTらしくバングラデシュの人気バンド「ウットロン」のリーダーであるハックさ
んの生演奏も。1時間30分、ゆるやかな時間を過ごしています。


みんなで会話をしながらお食事  94歳の長澤さんを中心にハイポーズ!!


この日はフィリピンのダンスでした ウットロンのハックさんの生演奏         



公開報告会を行いました

さる2月22日に「多文化家族の自立に向けた包括的支援事業」公開報告会が行われました。
報告会には50名を超える方々が参加し、事業について熱い議論が交わされました。
まず、実行委員長の水上徹男立教大学社会学部教授より開会のあいさつがあり、続いてアイ・
ヘルパー・スクール長の井上文二先生が基調講演を行いました。事業の概要についてはA.P.
F.S.及び高島平ACTの吉成勝男相談役が報告をしました。パネルディスカッションでは、水上
先生をコーディネータとして昭和女子大学の南野奈津子先生、佐治弁護士、立教大学社会学部
の野呂芳明先生らが登壇し、本事業の意義、成果などについて議論をしました。その後、アイ・
ヘルパー・スクールで見事に介護職員初任者研修の資格を取得した後藤ジエニーさん、高田シ
ンシアさん、アジアさんが感想をお話ししました。また高島平ACTで日本語を担当した佐々木紀
子先生からもみなさん素晴らしい生徒であったことが報告されました。事業の総括はA.P.F.S.
の加藤丈太郎代表が行い、最後に高島平ACTの日里美優代表から閉会のあいさつがありまし
た。高島平ACTの服部美果副代表も司会をつとめました。
報告会終了後は、、お隣にあるライフシュナイダー館で懇親会が開かれ、参加者は親交を深め
ました。本事業は2015年3月末で終了しますが、来年度もぜひ続けてほしいとの要望が多数
寄せられました。皆様のご支援に感謝いたします。

     
介護職員初任者研修の資格を取得した3名のフィリピン女性
   

           4名の外国人女性が資格を取得

2015年2月7日、介護職員初任者研修終了の卒業式が行われました。受講者は高島平ACTで初級日本語支援を受けながら、介護職員初任者研修の資格取得を目指していました。このプロジェクトはNPO法人APFSが独立行政法人福祉医療機構の社会福祉振興助成事業の助成を受けて行われたもので、高島平ACTはこの事業に連携先として参加していました。
修了式では、井上文二スクール長が卒業生ひとり一人に修了証を手渡しました。修了証を受け取った卒業生たちは一様に大きく飛び上がって喜びを表現していました。すでに、実習先から「うちの施設に来てもらえないか」との誘いを受けた卒業生もいました。今回のプロジェクトではフィリピン人女性3名、スリランカ人女性1名、バングラデシュ人女性1名の5名でスタートしましたが、途中でバングラデシュ人女性が継続困難となり、4名での卒業式となりました。介護職員初任者研修の資格を取得した4名は、それぞれ希望を抱きながら、さらなるキャリア形成を実現し、日本社会の中で活躍することでしょう。6か月間にわたって、4名の面倒を見ていただいた井上スクール長と山本先生には心から御礼を申し上げます。なお、当日は高島平ACTから、日里代表、服部副代表、吉成相談役も出席しました。
                                (2015年2月9日)


「多文化家族の自立に向けた包括的支援事業」
公開報告会のお知らせ

多文化家族の貧困化という現状があります。現状に対して、多文化家族がキャリア形成やスキルアップができるプログラムを提案し、将来自立した生活が営んで いけるようにすることを目的に掲題の事業を進めてきました。多文化家族の外国人構成員や多文化家族の女性を対象に、法律・生活・福祉相談、初級日本語支 援、キャリア形成のための職業訓練を実施してきました。
 
キャリア形成のための職業訓練として、「介護職員初任者研修」を、多文化家族の女性が日本語支援を受けながら受講出来る仕組みを作りました。4名が研修に 取り組んできました。また、介護労働の現場でも多文化化が進んでいます。外国出身者を積極的に受け入れ、研修を行っているアイ・ヘルパースクールの学院長 を基調講演に迎え、多文化家族の自立について考えたいと思います。是非、報告会にご参加ください。

日 時 2015年2月22日(日)14:00~16:30(13:30開場)
(終了後、1時間半程度、懇親会を行います。会費は3,000円です。
是非ご参加ください。)
会 場 立教大学池袋キャンパス太刀川記念館3階多目的ホール
    http://www.rikkyo.ac.jp/access/ikebukuro/campusmap/
定 員 50名(先着順)
申 込 ①お名前・②ご所属・③連絡先・④懇親会の参加の有無を明記の上、
    FAX(03-3579-0197)もしくはメール(apfs-1987@nifty.com)で
    事前にお申込みください。
〆 切 2015年2月16日(月)まで
交 通 「池袋」駅 西口徒歩10分(裏面にキャンパスマップあり)

【プログラム(予定)】
1. 開会挨拶 水上徹男氏(立教大学社会学部教授)
2. 基調講演 井上文二氏(アイ・ヘルパースクール スクール長)
  「外国人女性の自立と介護労働の役割」
3. 事業報告 吉成勝男(APFS相談役・高島平ACT相談役)
4. パネルディスカッション
●コーディネーター
  水上徹男氏
●パネリスト
  井上文二氏
  佐治史規氏(鷹番法律事務所・弁護士、法律相談担当)
  南野奈津子氏(昭和女子大学人間社会学部専任講師、生活・福祉相談担当)
  野呂芳明氏(立教大学社会学部教授)
5.「多文化家族の女性を対象としたキャリア形成のための職業訓練」に参加して
  職業訓練参加者、初級日本語教室講師他
6. 総括
  加藤丈太郎(APFS代表理事)

【問い合わせ先】
特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)加藤・吉成
TEL 03-3964-8739 FAX 03-3579-0197 E-mail apfs-1987@nifty.com
WEB http://apfs.jp

主 催 特定非営利活動法人ASIAN PEOPLE’S FRIENDSHIP SOCIETY(APFS)
共 催 特定非営利活動法人ASIAN COMMUNITY TAKASHIMADAIRA(高島平ACT)
協 賛 立教大学グローバル都市研究所
助 成 独立行政法人福祉医療機構 社会福祉振興助成事業



ハロハロ開店一周年&クリスマスパーティーをおこないました


 去る12月20日、高島平三丁目のコミュニティ・レストラン「ハロハログルメ」で開店一周年&クリスマスパーティーが開かれました。当日、会場には小雨が降る中、30名近くの住民の方々が出席し、フィリピンスタイルのクリスマスを楽しみました。フィリピンの女性たちのリードで、ミカンゲームやニュースペーパーゲームが行われ、若い人たちや高齢者の方々も積極的に参加をしていました。この日の最高齢者は93歳の長澤さんでした。パーティー終了直後に、高島平三丁目自治会の宮坂会長らも参加され、楽しくダンスをしていました。
 高島平ACT、地域コミュニティ・レストラン「ハロハログルメ」は新たな一年に踏み出しました。今後とも皆様のご支援をお願いいたします。


 参加者は、楽しいひと時を過ごしました

次回の法律相談は、2015年1月16日(日)です

 NPO法人高島平ACTは、APFSと連携をして多文化家族の包括的支援をしています。
その一環として、毎月、法律相談と福祉相談会を実施しています。2015年は1月16日の金曜日の午後4時から午後6時まで佐治弁護士による法律相談、2月9日には南野先生による福祉相談会を実施する予定です。交通事故や遺産相続などの法律問題、生活、子育てなど福祉問題でお困りの方は是非、下記電話で予約のうえでお越しください。

法律及び福祉相談会の予約電話
03-3964-8739


バングラデシュに行ってきました

吉成勝男相談役が2014年9月14日(日)~18日(木)までバングラデシュに行ってきました。
吉成勝男相談役が同じく相談役を務めているAPFSと立教大学社会学部がプロジェクト型授業「国際的な人の移動と交流/日本とバングラデシュ間の事例」に3ヶ年計画で取り組んでいます。

初年度の事業の一つとして、2014年9月14日(日)~18日(木)まで、バングラデシュ・ビクラププール地方出身の日本からの帰還移民10名にヒアリング調査を行いました。
 初日には、現地で記者会見も行い、多数の新聞記者から取材を受けました。新聞各紙で記者会見の様子が取り上げられました。


初日にダッカのコミュニティホールで記者会見を行いました

多文化家族の生活・福祉相談活動に取り組んでいます

相談は毎週行っています。月に1回は弁護士、社会福祉などの専門家を招いての相談です。相談は無料です。高島平ACT及び特定非営利活動法人APFSが協力して実施しています。9月26日(金)の弁護士による相談会では、相続、労働、在留、離婚、婚姻などの法律相談ができます。お気軽にご相談ください。
9月26日(金)16:00-18:00 法律相談 
 高島平ACT事務所(ハロハログルメ)にて
 弁護士 佐治史規先生(鷹番法律事務所)

9月29日(月)14:30-17:00 生活・福祉相談
 
 APFS事務所にて    社会福祉専門家が対応

※ご相談をご希望の方は、高島平ACT(03-6753-9814)またはAPFS(03-3964-8739)まで事前に連絡をし、予約をしてください。
※本事業は独立行政法人福祉医療機構の助成を受け実施しています。

   
多文化家族の女性を対象としたキャリア形成のための職業訓練が始まりました


高島平ACTでは、独立行政法人福祉医療機構の助成を受け、「多文化家族の自立に向けた包括的支援事業」に特定非営利活動法人APFS(ASIAN PEOPLE'S FRIENDSHIP SOCIETY)と共に取り組んでいます。
2014年8月30日(土)より「多文化家族の女性を対象としたキャリア形成のための職業訓練」が始まりました。「介護職員初任者研修」に5名の多文化家族の女性が来年2月の修了をめざしてチャレンジしています。受講者の国籍はフィリピン、スリランカ、バングラデシュです。バングラデシュ女性は体調を崩し、初回は欠席になりましたが、2回目から参加します。本事業は埼玉県川口市のアイ・ヘルパースクールの協力により実施しています。


初回研修に参加した多文化家族の女性たち






60名を超える地域の皆さんの参加により、映画会及びチョウチョウソーさんと川村千鶴子大東文化大学環境創造学部長の対談は大盛況のうちに終了しました。ご協力ありがとうございました。
                      高島平ACT



7月20日(日)午後2時から4時30分までビルマ人難民を描いたドキュメント映画「異国に生きる」高島平上映会を高島平図書館と共催で行います。テーマは「命を守る」~彼らが日本で生きるということ~。上映後に映画に出演しているチョウチョウソーさんと大東文化大学環境創造学部・川村千鶴子学部長との対談があります。この機会に、ぜひ難民に対する理解を深めていただきたいと考えています。
この上映会はいたばし総合ボランティアセンターの公募助成事業です。
会場は高島平図書館 3階 視聴覚室です。

昨年12月5日(木)に高島平ACTが運営する高島平多国籍食堂「ハロハログルメ」がオープンしました!!

「ハロハログルメ」は地域の外国人住民、お年寄り、若者たちのたまり場、おしゃべりの場、そして文化創造の空間としてご利用いただけます。自治会や町内会、PTAの会合、趣味の会などにもご活用ください。フィリピン料理を中心として温かいお料理とお飲み物を用意してお待ちしています。

開店時間 午前11時45分~午後2時30分まで
     夜は日曜日のみの営業になります。
     午後5時30分~8時30分までです。
定休日  毎週月曜日
場所   高島平3丁目10-1号棟 ファミリー名店会内
     (都営三田線 新高島平駅前・徒歩3分)
連絡   03-6753-9814
※お気軽にご来店ください。

お知らせtopics

連続講座「高島平地域で外国人住民とともに多文化共生のまちづくりを考える」は好評のうちにすべて終了しました。

 2013年8月4日から始まった連続講座は、2014年2月23日の第5回講座をもって終了しました。第5回目の講座は大東文化大学の川村千鶴子先生にお越しいただき、「多文化共生と高島平の未来」をテーマにお話をしていただきました。当日も30人近くの住民の方々が参加し、お話のあとの議論も活発に行われました。高島平地域で初めて多文化・多民族共生を話題にした連続講座は、延べ130人の方々の参加とご協力により、いくつかの課題を残したものの様々な成果をあげることができました。あらためて、住民の皆様そして助成をいただいたいたばし総合ボランティアセンターに御礼を申し上げます。





お話をする川村千鶴子先生(第5回講座)    今回も30名近くの地域住民の方が参加され
                       されました         
                       


高島平で日本語を一緒に勉強しませんか?

高島平ACTでは2011年12月の設立以来、外国人住民を対象とした初級日本語教室と在留・労働・生活等の相談事業を行っています。初級日本語教室では3人の先生が親切に日本語の初歩から授業をしています。
 日時・場所
 月曜日  午前10時30分~12時迄
 土曜日  午後4時30分~6時迄
 場所 UR高島平三丁目10-1号棟 ファミリー名店会
    多国籍食堂ハロハログルメ
(高島平ACT)
 費用 毎月1000円 会場費及び資料代等
本語を勉強したい方、またはお知り合いで日本語の基本を学びたいという方がいればぜひご紹介ください。見学の方も事前に連絡をください。

6月16日に第二回定期総会と懇親会を行いました。
詳しくは⇒コチラヘ

高島平ACT

TEL:
03-6753-9814

PC Mail:
in.act.takashima@gmail
.com

携帯 Mail:
asiancommunity@i.softbank
.jp